USJのJCBラウンジはJAL JCB プラチナカードでも利用可能!JCBブランドのプラチナカードなら利用できそうです。

先日、JCBのプラチナカード保有者向けに、USJ内のJCBラウンジのオープンのお知らせがありました。JCBラウンジは人気アトラクションである「ザ・フライング・ダイナソー」施設内に設置されており、2016年9月1日から予約が開始、9月2日から運営が開始されるようです。

実はこのラウンジ、JCB最上位カードであるJCB THE CLASSだけでなく、提携のプラチナカードでも利用できるとのこと。つまり比較的入手難易度が低いJAL JCBプラチナカードでもJCBラウンジを利用できるということですね。

 

ザ・フライング・ダイナソーへの優先搭乗は魅力的

f:id:krnkkt:20160829001118j:plain

この特典の一番のポイントは「ザ・フライング・ダイナソー」への優先搭乗でしょう。JCBラウンジ利用者はザ・フライング・ダイナソーへの優先搭乗が可能なのです。

このアトラクションはUSJでも特に人気のアトラクションで数時間待ちは当たり前です。私がUSJに行った時も大変な混雑で、その時はハリーポッターエリアを上回るのではないかと思うほど。

このアトラクションへの優先搭乗は、かなりのメリットであると思っています。

 

ザ・フライング・ダイナソーのエクスレスパスは高額

もちろん、USJの有料オプションであるエクスプレスパスを購入すれば「ザ・フライング・ダイナソー」への優先搭乗が可能です。ですが、「エクスプレス4」という最低でも4,167円(税抜:入場日によって価格が変動)するパスが必要ですし、それを家族分揃えるとなると負担が大きいですね。

JCBラウンジは本人含めて4人まで利用可能なのですが、同行者は全員、同アトラクションへの優先搭乗が可能となりますから、その恩恵はかなり大きいはずです

 

ラウンジ内での休憩も魅力的

f:id:krnkkt:20160829002459j:plain

JCBラウンジではもちろん、休憩することが出来ます。テーマパーク内の移動は原則徒歩となりますし、待ち時間も長く、疲労の蓄積は日常とは比べものになりません

そういった疲労を癒す休憩スポットもUSJ内は多いとは言えませんから、快適な環境で休憩スペースを提供してくれるJCBラウンジは魅力的ですね。ラウンジ内は無料のソフトドリンクが提供されますから、疲れた身体を休めるにはうってつけのはずです。

 

ますますJCBプラチナカードの魅力が高まる

f:id:krnkkt:20160508224252j:plain

最近のJCBプラチナカードは年会費を据え置きながらもサービスの拡充が目立ちます。

JCB提携プラチナカードであるJAL JCB プラチナカードに対しても、JCB THE CLASSと同様の特典が利用可能な状況です。

そういった意味で、入手難易度の低いJAL JCB プラチナカードは気軽にJCB THE CLASSの特典を試せるお得なカードと言えそうです。

一時期JAL JCBプラチナカードの解約も考えましたが、今後に期待してもう少し保有しておこうかと思います。

 

【実際にJCBラウンジを利用してみました。体験記はこちらです。】

www.sukoshi-tanoshiku.com

 

【USJのJALラウンジを利用してみました。体験記はこちらです。】

www.sukoshi-tanoshiku.com