読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内線ダイヤモンドプレミアラウンジのおにぎりはどんなものなのか

f:id:krnkkt:20160220122000j:plain

先日、羽田国内線のJALダイヤモンドプレミアラウンジを利用しました。お昼時間だったこともあり、以前から気になっていた軽食のおにぎりを試すことができました。

 

おにぎりは2種類

この日提供されていたおにぎりは2種類でした。

梅おにぎりとツナおにぎりです。

f:id:krnkkt:20160220120403j:plain

f:id:krnkkt:20160220120412j:plain

おにぎりの説明には「おにぎり屋」とあります。ローソンのおにぎりだと思います。試しにローソンのホームページでおにぎりを調べてみると、ビンゴ。包装こそ異なるものの同じおにぎりのようです。味はコンビニと同じですから、期待のし過ぎはいけません。

【参考リンク】

 

混雑時は数分で無くなるが、補充も早い

お昼時間に行ったためか、ラウンジはおにぎりを求める客で溢れていました。当然、おにぎりも数分でなくなります。とはいえすぐに補充してくれますから、おにぎりが食べられないということはありません。このあたりのサービスは流石です。

 

パンもある

パンはないと思っていたのですが、お昼時間も提供されていました。パンは終日提供されるとのこと。この日はメゾンカイザーのクロワッサンでした。朝時間帯は2種類のパンが提供されますが、お昼は1種類のようですね。メゾンカイザーのパンは美味しいですね。ほとんどの人がおにぎりを食べていましたが、私はクロワッサンを多めに頂きました。私の場合、この手のおにぎりは時間の無い時に緊急的に食べるもの、時間がある時に頂くのであれば手の込んでいる方が良いと考えています。という訳で、クロワッサンとコーヒーを頂きます。

f:id:krnkkt:20160220123942j:plain

 

ごちそうさまでした。