JGC付きJAL JCB プラチナカードに家族カードを追加する時に注意すること。新規JGC発行の2枚持ちがお得です

f:id:krnkkt:20160508224836j:plain

私はJALカードのJCBプラチナカードを保有しています。しかもJGCを付帯させていますので、正確にはJALグローバルクラブJCBプラチナという名称のクレジットカードとなります。つまり、通常のJAL JCBプラチナカードにJGCが付帯しているカードですね。

この度、妻とその両親と海外旅行することとなりましたので、家族カードの発行を考えました。

 

JGC本会員が発行する家族カードにはJGC資格を付帯している

JGCカード本会員が家族カードを発行する場合、2つの選択肢があります。

  1. JGC付帯
  2. JGC無し

家族カードにJGC資格を付けるか付けないかは自由に選ぶことができます。

JGC資格を付与した場合、当然家族カード保有者はJGC資格を得ることになります。つまり、搭乗実績がゼロでもJGC資格を取得できるのです。

JGCの特典はここでは細かくは取り上げませんが、あるとないとでは大違いです。メリットがかなり大きいにも関わらず、一度も搭乗しないでJGC会員になれるのですから、家族カードは本当にお得といえますね。

 

難点は年会費

もちろん家族カードのデメリットもあります。それは年会費です。JGCを付帯させた場合、そうでない場合と比較して家族カードの年会費は増加します。

 

プラチナ

CLUB-A

本会員(JGC)

33,480

10,800

家族会員(JGC有)

27,000

10,800

家族会員(JGC無)

16,740

3,780

 

一般的なクレジットカードの場合、家族カードの年会費は無料もしくは格安というケースが多いですが、JGCが付帯しているJALカード家族会員の年会費はかなり上がってしまいます。

特にプラチナカードを選択した場合は本会員とJGC家族会員の年会費を合計すると60,480円です。かなり高額ですね。

この高額な年会費を節約するため、本会員と家族会員のカード種別を異なるものにする方法(例えば、プラチナ本会員+CLUB-A家族会員)も考えられますが、これは規約的にNGとされています。

もちろん、プラチナカードの特典をフルに使い切れるのであれば安い年会費かもしれませんが、我が家の場合だと、使いこなせる自信はありません。

家族カード発行の目的は家族にJGC会員資格を持たせるだけですから、そのためだけにプラチナカード家族会員の高い年会費を支払うことは躊躇してしまいます。

 

プラチナカード会員の場合、CLUB-A JGCの新規発行の方が安上がり

f:id:krnkkt:20160731232121p:plain

実はプラチナカード会員の場合に限定される話なのですが、高額なJGC付き家族カードの年会費を少し下げる方法が存在します。それは新規でJGC CLUB-Aカードを発行する方法です。

 

JGCプラチナ本会員

JGCプラチナ家族会員

JGC CLUB-A本会員

JGC CLUB-A家族会員

年会費合計

パターン1

33,480

27,000

-

-

60,480

パターン2

33,480

-

10,800

10,800

55,080

 

トータルの年会費を比較すると、パターン1のJGCプラチナカード本会員+JGCプラチナカード家族会員の組み合わせよりも、パターン2のJGCプラチナカード本会員+CLUB-A本会員+CLUB-A家族会員の組み合わせの方が安いのです。

JGC資格を家族に付与するだけであれば、これで十分ですね。

結局、私はトータルの年会費が最も安くなるJGC プラチナ+JGC CLUB-A本会員+JGC CLUB-A家族会員の組み合わせを選択しました。

JGCプラチナ保有者が家族カードの発行を検討する場合は、プラチナ家族会員ではなく、新規発行したCULB-Aの家族会員にすることを検討しても良いかもしれませんね。

 

これからJGC付帯JALカードへ申し込もう、という方は一旦、JGCが付帯していないJALカードの発行をお勧めします。というのもJGC付帯JALカードはWeb申し込みが出来ないため、Web入会特典を受けられないからです。事前に非JGCのJALカードをWeb経由で入会してWeb入会特典を獲得してしまいましょう。それから、JGCに切り替えることでWeb入会特典を受けつつ、JGCカードを持つことができますよ。Web入会特典の最新情報は下記のリンクから公式ページをご確認ください。

公式ページへのリンク:JALカード