Spice Up Your Life

ほんの少し楽しく生活する話題を提供するブログです

法人向けJAL ONLINE クラスJ無料条件が少し改善されるようです

2017年11月16日にJALは予約システムを刷新します。そして、JAL ONLINE(JALオンライン)利用者向けの特典であるクラスJ無料特典を受けることができる条件が、予約システムの刷新にあわせて、少し改善されます。

 

クラスJ料金(1,000円)はJAL ONLINEから発券すると無料

f:id:krnkkt:20170909220654p:plain

まず初めに、法人向け予約・発券システムであるJALオンラインを利用する場合のみ利用可能であるクラスJ無料キャンペーンについて、ざっと確認しておきましょう。

  • クラスJ料金(1,000円)が無料
  • キャンペーンは6ヶ月間
  • 私の知る限り、2011年からキャンペーンは延長され続けている

このキャンペーンは、法人客の囲い込みに効果があるのか、長期にわたって継続されている施策です。事実、私の会社の同僚もこのキャンペーンがあるため、積極的にJALを利用するほどです。

 

クラスJが無料となる条件が改善される

さて、JALの予約システムが刷新されることに伴い、普通席からクラスJに変更する場合のキャンペーン適用条件が変更されます。

  • 11月15日以前:普通席を発券したあと、クラスJに変更する場合は有料(キャンペーンの対象外)
  • 11月16日以降:普通席を発券した後でも、無償でクラスJに変更可能(キャンペーンの対象)

なかなかの改善です。

 

上司が発券するケースだと有用な改善となる

法人客ならではの悩みとして、上司が航空券の発券権限を握っていることが考えられます。

希望の時間帯の便にクラスJに空席がない場合、普通席で予約・発券することになります。もちろん、クラスJの空席待ちをする手もあります。ですが、上司に発券を待たせてしまうので、いつ回ってくるか分からないクラスJを悠長に待っていることはできません。

ですから、一旦普通席で発券してしまうのですが、この場合だと後にクラスJの空席が確保できても無料キャンペーンの対象外となってしまうのですね。

ですが、予約システム刷新後は、このような心配は不要になります。

 

JAL予約システム刷新は、顧客にとって良い変更が多いようですね。