Spice Up Your Life

ほんの少し楽しく生活する話題を提供するブログです

JALのJGCや上級会員になるにはどうしたら良いのか?その方法を分かりやすく解説します。

f:id:krnkkt:20180430184820j:plain

当サイトではJALのJGCや上級会員に関する事項ついて記事にしています。JGCや上級会員とは、飛行機の搭乗前や搭乗後に特別なサービスが受けられる特別な会員資格です。

この記事ではJGCや上級会員になる方法を分かりやすく解説しますね。

 

基本の確認:JGCや上級会員とは何?

まずJGCや上級会員とは何なのでしょうか。それぞれ確認してみましょう。

 

JGCとはJALのお得意様向けの資格

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/krnkkt/20160508/20160508224836.jpg

JGCというのは、正式名称をJAL GLOBAL CLUB(ジャル・グローバル・クラブ)と言い、簡単に言ってしまえばJALお得意様組織会員資格のことです。

 

JGCへの入会資格

さて、JGCへの入会資格ですが以下の2つ満たす必要があります。

  1. JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを持つこと
  2. 1~12月の12カ月間に50,000FOP以上、または50回以上搭乗かつ15,000FOP以上を獲得すること

まず、年会費が最低でも税込10,800円(CLUB-A)から税込33,480円(プラチナ)するクレジットカードを保有する必要があります。

これはJGCの維持費と言えるもので、対象のクレジットカードを保有する限りJGC資格は失効しません

この1番目の条件はクレジットカードを発行するだけですので、難易度は高くありません

 

f:id:krnkkt:20161223103321j:plain

そして難易度高いのは、2番目の条件である50,000FOP以上の獲得、もしくは50回以上搭乗かつ15,000FOP以上を獲得するという条件でしょう。

JGCになるには、高難易度の2番目の条件を満たした上で、この条件を満たした人のみが発行できる特別仕様の1番目のカードを発行する必要があります。

この2番目の条件というのはJALの上級会員であるJMBサファイアという資格条件と同等です。

では、JALの上級会員についても確認してみましょう。

 

JALの上級会員は搭乗実績によって付与される資格

f:id:krnkkt:20180430194311p:plain
(画像は公式ページから借用)

JALの上級会員は上からJMBダイヤモンドJMBサファイアJMBクリスタルの3ランクがあり、搭乗実績によって資格が付与されます。JGCプレミアというランクもありますが、今回は省略しますね。

それぞれの資格条件は以下のようになっています。

  • JMBダイヤモンド:10万FOP以上、または120回以上搭乗かつ3万5千FOP以上を獲得すること
  • JMBサファイア:5万FOP以上、または50回以上搭乗かつ1万5千FOP以上を獲得すること
  • JMBクリスタル:3万FOP以上、または30回以上搭乗かつ1万FOP以上を獲得すること

特徴としては、JGCとは異なりクレジットカードへの入会が不要(つまり年会費が不要)ということでしょうか。

その代わり、毎年上記の基準をクリアしないと翌年から会員資格が失効してしまいます。

ですから、多くの人が永久資格となるJGCを目指す訳ですね。

※なお、JGCとJMBサファイアとでは受けられるサービス等の違いはほとんどありません。JGCとJMBサファイアとの詳細な比較は以下の記事で行っていますので、もしよければご覧ください。

www.sukoshi-tanoshiku.com

まずは50,000FOPを貯める

f:id:krnkkt:20180501213338j:plain
(画像は公式ページから借用)

JGCもしくはJMBサファイアになるには、50,000FOPを貯める必要があります。

FOPとは、FLY ON ポイント(フライ・オン・ポイント)と呼ばれているもので、上級会員になるために必要なポイントです。これはJAL便に搭乗する度に自動的に獲得できます。特典航空券等と交換できる「マイル」とは異なるものですので注意しましょう

  • FOP:上級会員の判定にのみ使われるポイント
  • マイル:特典航空券等に交換できるポイント
FOPの計算式

FOPの獲得数は以下のような計算式で決まります。
参考URL:JALマイレージバンク - FLY ON プログラムとは

獲得FOP  =  フライトマイル  ×   FOP換算率  +  搭乗ボーナスFOP

それぞれの意味は次の通りです。

  • フライトマイル:区間マイルと、ご利用になるクラスや運賃に対応したマイル積算率により算出
  • FOP換算率:
    • 日本国内線:2倍
    • JAL便の日本発着 中国・香港・アジア・ オセアニア線:1.5倍
    • 上記以外の国際線:1倍
  • 搭乗ボーナスFOP:JALグループ便ご搭乗の際、利用する運賃に応じて追加されるポイント

押さえておくべき点は、日本国内線2倍中国・香港・アジア・ オセアニア線1.5倍のFOPとなることです。

要は大量のFOPを効率よく稼ぐためには、国内線もしくはアジア・オセアニア線を中心に搭乗すれば良いということになります

 

50,000FOPの稼ぎ方

それでは早速50,000FOPを稼ぐための方法を解説しましょう。最も効率的に稼ぐことを考慮すると以下のようになります。

  • 東京(羽田)〜沖縄を特便21運賃でファーストクラスで往復

これだけです。

この方法だと、17回搭乗(8往復半)、約43万円で50,000FOPに到達します

 

搭乗の詳細

ファーストクラスを利用した場合のFOPと費用、そしてクラスJや普通席を利用した場合も含めて調べてみましたので紹介します。

 

搭乗クラス

運賃種別

運賃

獲得FOP

FOP単価

必要搭乗数

費用(総額)

ファーストクラス

特割21

24,790円

2,876

8.6円

17回

430,981円

クラスJ

特割21

17,790円

2,072

8.6円

24回

429,295円

先特

15,690円

1,672

9.4円

30回

469,199円

普通席

特割21

16,790円

1,876

8.9円

27回

447,495円

先特

14,690円

1,476

10.0円

34回

497,629円

上表のとおり、ファーストクラスを利用した場合の必要搭乗数が17回(8往復半)と格段に少なくなっています。

もちろん、ファーストクラスを毎回確保できる訳ではありませんから、実際にはクラスJ普通席を絡めて搭乗することになると思います。

ただ、その場合でも費用の面ではその分安くなるので、トータルの費用はあまり変わりません

 

JALカードを持っていると5,000FOPボーナス

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/krnkkt/20170730/20170730140654.jpg

FOPを稼ぐのに必須とも言えるものはJALカードです。このカードを持ってJAL便に搭乗すると、年に1回だけという制限はありますが5,000FOPプレゼントされます。

ですから、実質的には45,000FOP分を搭乗して稼げば良い訳です。このボーナスはとても大きいですね。東京〜那覇のファーストクラス2回搭乗分、クラスJの3回搭乗分くらい節約できるのですから

JALカードは上級会員を目指す人にとって、必須ともいえるものです。

 

まとめ

ここまでJGCや上級会員となるための方法を解説してきました。まとめると、

  1. JGCや上級会員になるためには、1月〜12月の間に50,000FOP貯める必要がある
  2. 永久資格であるJGCになるには、50,000FOP貯めた上で特別仕様のCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを発行する

となります。そして高難易度である1番目の基準をクリアするための方法は、

  • JALカードを発行する
  • 東京〜那覇を特便21ファーストクラスで往復する

となります。この方法は最も簡単で、かつ費用的にも抑えられる方法(約43万円)となります

いかがだったでしょうか。この記事が皆さんの役に立てば幸いです。

 

補足情報

少しでもJGC取得費用を抑えたいという方は、JALマイルを貯めて航空券の購入に充当できるe-JALポイントに変換するという方法があります。

1マイルにつき1.5円分のポイントになりますから、数万ポイント貯めればJGC取得の足しになりますね。

マイルの効率的な貯め方はこちらで紹介していますので、もしよければご覧ください。

www.sukoshi-tanoshiku.com