Spice Up Your Life

ほんの少し楽しく生活する話題を提供するブログです

JAL国内線サクララウンジのシャワーはどのようなものなのか。清潔な空間で気分をリフレッシュできる空間でした!

先日、羽田空港国内線のサクララウンジのシャワーを利用しました。もう何回もサクララウンジを利用しているのですがシャワーを利用するのはこれが初めて。

 

シャワールームの場所

サクララウンジのシャワーはどこにあるのか。意外と知らない人が多いようです。

シャワールームへはラウンジ受付の直ぐ横から入ることが出来ます。シャワーは北ラウンジ、南ラウンジの両方にそれぞれ5つずつあります。

なお、JALホームページを確認してみると北ラウンジにはシャワーが無いようにみえますが、実際はあります(実際に利用しました)。

f:id:krnkkt:20170122224343p:plain

(画像はJALホームページから)

図の左下(レセプションに向かって左)の赤丸(筆者追記)の箇所からシャワールームへアクセスできます。

南ラウンジの案内にははっきりとシャワーという表記がありますが、北ラウンジにはシャワーの表記がありません。これでは、誤解が生まれるのも仕方ありませんね。

 

f:id:krnkkt:20170122224600p:plain

(画像はJALホームページから)念のため、JALホームページを確認してみましたが、上のような一文がありました。本記事執筆中に、本当に北ラウンジにシャワーあったっけな…と心配になったのですが、いやはや私の記憶違いでなくて、安心しました。北ラウンジのシャワールームの存在は確実です。

 

シャワールームはどうやって使うの?

f:id:krnkkt:20170103211103j:plain

シャワールームを利用するには、受付でシャワーを利用したい旨を伝えるだけ。するとカードキーと希望に応じてアメニティ(くし、髭剃り、歯ブラシ) を貰うことができます。このアメニティはビジネスホテルにあるものと同レベルです。

 

f:id:krnkkt:20161229204346j:plain

私が利用したときはMelvita(メルヴィータ)のアルガンオイル(のサンプル)を配っていました。女性の方はよくご存知かも知れませんね。我が家でも妻が持っているのを見たことがあります。

 

いざシャワールームへ

f:id:krnkkt:20170103234837j:plain

シャワールームへと続く廊下です。シャワールームは北ラウンジと南ラウンジとでそれぞれ5部屋あります。

 

f:id:krnkkt:20170103235011j:plain

カードキーを扉横のセンサーにかざすと開錠されます。いざ入室。

 

室内の様子

f:id:krnkkt:20161220162130j:plain

f:id:krnkkt:20170103235503j:plain

室内はダークな色調でまとめられています。バスタオル類はもちろん完備されています。

 

f:id:krnkkt:20170103235553j:plain

洗面所はこんな感じ。ドライヤー、紙コップ、綿棒は標準装備。

 

f:id:krnkkt:20170103235808j:plain

シャワーはハンドシャワーとオーバーヘッドシャワーがあります。

シャワーの水圧はかなり強く、全開にすると少し痛いほど笑

 

f:id:krnkkt:20170104000733j:plain

シャンプー、コンディショナー、ボディソープの様子。高級というものではありません。

 

サクララウンジシャワールームまとめ

今回、初めてサクララウンジのシャワーを利用しました。汗のかきやすい夏場や、夜間フライトの前などに利用すれば爽快さも増すでしょう。私の場合、強張っていた身体が完全に弛緩しきってしまうほど、リラックスできました。

それにしても今まで利用しなかったことが悔やまれます。これだけ快適なのであれば、もっと早くから利用していれば良かったです。

まだ利用したことのない人は是非利用してみてください。満足度が高いことは間違いありませんよ。