羽田空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ解説!雰囲気抜群の本当にオススメできるラウンジです!

f:id:krnkkt:20161119145555j:plain

先日の台湾旅行に際してはJAL便利用ということもあり、JALと同じアライアンス(ワンワールド)のキャセイパシフィック航空が提供する羽田空港国際線のキャセイラウンジを利用しました。事前の評判通り、かなり良いラウンジだったので紹介します。

 

 

中の様子

f:id:krnkkt:20161119123603j:plain

f:id:krnkkt:20161119123648j:plain

ラウンジの設計はイギリスに本拠地を置くstudioilse(スタジオイルゼ)によるもの。キャセイの本拠地である香港のラウンジも同じデザイン事務所によるもののようです。

空港ラウンジというよりは家のリビングルームのような雰囲気を目指したというだけあって、一般的な空港ラウンジの印象とは大分異なります。

 

f:id:krnkkt:20161119123643j:plain

多くの空港ラウンジが同じ配色、同じ形のテーブルや椅子を並べている一方で、キャセイのラウンジは椅子の配置や家具の選定が一枚上手です。種類の異なる家具を効果的に配置したり、間仕切りを上手に設置することで空間を分割し、メリハリがありながらも落ち着いた空間を生み出しています。

広さはJALラウンジほどはありませんが、それでも190席はありますから、十分なのではないでしょうか。

 

f:id:krnkkt:20161119132124j:plain

至る所にアクセントとして植物が配置してあることも良いポイント。植物は剪定や水やりが必要だったりと、手間のかかるインテリアのひとつです。これも心地よさを生み出すポイントの1つなのでしょう。

 

f:id:krnkkt:20161119123623j:plain

滑走路が見えます。この日はあいにくの雨模様でしたが、それにも関わらず自然光が十分に入り込むほどの開放感。この開放感はなかなかのもの。しかもキャセイのラウンジは六階にありますから、空港を見渡すことが出来ますね。

 

お食事

キャセイラウンジの飲食サービスはホテルオークラによるもの。

ヌードルバーでは出来立ての麺類が頂けます。

f:id:krnkkt:20161119123530j:plain

このバーで注文します。私は坦々麺にしました。

 

f:id:krnkkt:20161119124053j:plain

サイズは小ぶりですから、他の味もオーダーして楽しめますね。

 

f:id:krnkkt:20161119124102j:plain

麺類以外にも、点心やカレーもありましたよ。

 

f:id:krnkkt:20161119124109j:plain

食事は種類は少ないながらも、一品一品手間がかかったものが揃っています。写真のものはラウンジ中央のブッフェ台からいただきます。ブッフェといってもスタッフが取り分けてくれますよ。

 

f:id:krnkkt:20161119132553j:plain

アイスもあります。ホテルオークラブランドのものとハーゲンダッツの2種類です。これには妻も大喜び。

 

f:id:krnkkt:20161119130705j:plain

評判のフレンチトースト。このお皿で提供されると、卵焼きに見えますね。私は今まで知らなかったのですが、ホテルオークラのフレンチトーストはかなり評判が高いようです。まさかキャセイのラウンジで頂けるとは思いもしませんでした。

 

キャセイラウンジの飲食サービスはホテルオークラ(のグループ会社)が担当しているだけあってか、今まで利用してきた航空会社ラウンジの飲食サービスではトップクラスです。飲食については、ホテルのクラブラウンジ並みといったところでしょうか。とにかく満足度の高いラウンジです。

 

バーエリア

キャセイラウンジにはバーエリアもあります。

f:id:krnkkt:20161119123715j:plain

 

f:id:krnkkt:20161119123727j:plain

 

f:id:krnkkt:20161119123800j:plain

ここはセルフサービスではなく、バーテンダーに用意してもらう形式です。カクテルやワインを頂くことができます。この日はボージョレ・ヌーボーが振る舞われていました。私も少しだけ頂きました。

 

Washroom

f:id:krnkkt:20161126162012j:plain

Washroomとはトイレのこと。キャセイラウンジではトイレをWashroom(s)と表記しています。

 

f:id:krnkkt:20161126162049j:plain

ハンドソープはAesop(イソップ)でした。良いもの使っていますね。

 

Bureau

Bureau(ビューロー)と呼ばれているスペースがあります。キャセイラウンジではビジネススペースのことを指します。

Macとプリンターが4台ずつ設置されています。

f:id:krnkkt:20161119123700j:plain

出発前の調べ物に便利ですね。実際に利用したのですが、キーボードが英語配列で記号を入力するのに苦労しました。

 

魅力的なキャセイラウンジ。利用条件は?

キャセイのラウンジは飲食、内装、眺望という空港ラウンジに必須の要素が全て高品質です。個人差はあると思いますが、私としてはJALサクララウンジやJALファーストクラスラウンジより好みです。次回も優先してキャセイラウンジを利用すると思います。

さて、このように魅力的なキャセイラウンジですが、最後に利用条件を確認しておきましょう。利用条件は4つあり、どれかを満たせば利用できます。

1.キャセイ便のビジネスクラス以上を利用

2.キャセイのFFPマルコポーロクラブシルバー会員以上でキャセイ便利用

3.ワンワールド加盟会社便のファーストクラス利用

4.ワンワールドステータスサファイア以上で、キャセイ便もしくはワンワールド加盟会社便利用

参考リンク:ラウンジのご利用規定

 

JALの上級会員(JMBサファイア以上)であれば、4番の条件を満たせますね。今回私が利用したケースもワンワールドサファイア以上JAL便(ワンワールド加盟会社)の組み合わせでした。

 

f:id:krnkkt:20161119123545j:plain

キャセイラウンジは派手ではありませんが、高級なものをきちんと設えています。飲食サービスも高品質ですし、とても居心地の良い空間になっています。ラウンジ利用条件を満たしているのであれば、ぜひ利用して欲しいと思います。