読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年のフライトまとめ

f:id:krnkkt:20160820162240j:plain

今年も残すところあと少し。JALもANAの会員も来年度の搭乗ステイタスを決める締め日は直ぐそこです。

一般会員は上級会員になるため、上級会員はより上位の資格を狙うため、上り詰めた人は防衛するために最終調整をされている方もいるかと思います。

まだ少し早いですが、私の2016年のフライトを振り返ってみます。

 

 

2016年のフライトを振り返る

搭乗回数を振り返ります。

・JAL国内線 48回

・JAL国際線 2回

・ANA国内線 4回

これから乗る予定の分は含まれていません。今年も国内線のJALに偏っています。これは想定通り。

 

搭乗クラス別では、

【国内線】

・JAL普通席 10回

・JALクラスJ 30回

・JALファーストクラス 8回

・ANA普通席 4回

【国際線】

・普通席 2回

 

今年は国内線ファーストクラスを比較的多めに利用しました。

f:id:krnkkt:20161214183116j:plain

このフライトの中でも思い出深いのは、羽田ー伊丹便。羽田ー伊丹間はファーストクラスのサービス時間は30分も無いのですが、思ったよりも楽しめた時間でした。特にCAの華麗なチームプレーを見るなら、羽田ー伊丹間のファーストクラスがオススメです。

【羽田ー伊丹間のファーストクラスの様子はこちらをご覧ください】

www.sukoshi-tanoshiku.com

 

国際線でいえば、フライト自体は平凡なもの。今年の国際線は羽田ー台北間のみの利用で、国際線としては短距離ですから、そこまでネタはありませんでした。

ただ、JGCプレミアの力を発揮してファーストクラスラウンジを利用したことは良い思い出。ファーストクラスラウンジだけでなく、JALと同じワンワールドのキャセイのラウンジを利用したこともまた良い思い出。

【ファーストクラスラウンジとキャセイラウンジの様子は次の記事をお読みください】

www.sukoshi-tanoshiku.com

www.sukoshi-tanoshiku.com

 

 

FFPの振り返り

今年はまだJGCプレミアの到達基準(80,000FOP)に達していません。現時点で確定済みのフライトを考慮しても二往復ほどFOPが足りない状況。おそらく、JGCプレミア維持は不可能でしょう。こうなると他社(ANA)に浮気したフライトが悔やまれます。

という訳で、資格維持するために修行することを真剣に考え始めていたのですが、昨年の記事「2015年のフライトのまとめ」を読み返すと、

ANAへの浮気は今のところ考えていません。ただ、スターアライアンス加盟会社へのステータスマッチがあるならば、スタアラゴールドとして、ANAを楽しむのも面白いかもしれません。ただ浮気すると痛い目に合うのは人の世の常。一度浮気したために年末「FOPがあと少し足りない!」という状況になって修行僧になるのは避けたいですね

いやはや全く進歩のないカモマイル。昨年の誓いはどこいった。

 

来年のフライトは

f:id:krnkkt:20160804115721j:plain

来年は一時的にフライトの機会は多くなりそうなのですが、年間のトータルで考えると今年の半分くらいまで落ち込むかもしれません。

私のように仕事で飛行機に乗る人は、乗るときは乗るのですが、仕事環境が変わると一気に利用しなくなります。

これは覚悟していたことですし、仕方のないことです。全く利用しない訳ではないので、一回一回のフライトを大事にしたいと思います。できれば、国際線フライトを最低一回は利用したいですね。

 

お礼

最後になりましたが、しがないブログにも関わらず、訪れてくれた方、コメントを残してくれた方、本当にありがとうございました。

折角訪問してくださった皆さんの貴重な時間を無駄にしないためにも、来年こそは有益な記事を増やして参りたいと思います。