都内を移動する際のスーツケースは4輪にこだわるべき理由

f:id:krnkkt:20150615224545j:plain

旅行や出張があればスーツケースの出番という人はかなりいるはずです。多くの荷物を少ない負担で運ぶことが出来ますから、旅行者にとっては欠かせないものですね。一方でスーツケースに関するトラブルが増えているのも事実。最近ではエスカレーター付近でのスーツケースの落下や後ろに引きずったスーツケースとの衝突事故に対するトラブル喚起ポスターをよく見かけるほどです。

ここではトラブルを起こさないようなスーツケース選びを考えます。

 

後ろに引きずったスーツケースは要注意

スーツケースがらみのトラブルといったら、スーツケースと人との接触事故です。大抵の場合、後ろに引きずったスーツケースと人との接触でしょう。スーツケースは大人の目線より低い位置にあるため、スーツケースの存在に気付きにくく、足を接触させてしまうことがあるようです。もちろん、歩行中の接触ですから転倒してしまい、骨折といった大きな事故にもつながりかねません。ちょっと調べただけですが、賠償責任にまで発展するケースもあるようです。特に人で混雑しているターミナル駅では接触を避けることが難しく、私自身危険な思いをしたことがあります。事故に巻き込まれないように注意するのはもちろんですが、事故の加害者にならない事がなによりも大切です

 

混雑した場所の移動なら4輪一択

混雑した場所で人との接触を避けるためには、スーツケースを体の側面に密着させて移動することが効果的です。

それを可能にするには4輪のスーツケースを利用します。2輪だと側面に密着させて移動することは困難だからです。4輪だと側面はもちろん、前面でも転がすことが可能になるため狭い場所でも通ることが出来ます。都内の駅のように人で混雑した場所では可能な限り接触を避けるため、自由に移動できる4輪のスーツケースが活躍する訳です。

 

f:id:krnkkt:20160410120647j:plain

マナーポスター | 公益財団法人メトロ文化財団から

 

車輪のストッパーも必須

4輪の弱点は地面に固定できないことでしょう。電車内でスーツケースが転がってしまうトラブルに悩まされた人も多いはずです。2輪であれば車内で転がってしまうことはありませんから、これを理由に2輪を選ばれる人もいると思います。ですが、4輪であってもストッパー付きにすれば解決します。ストッパー付きのスーツケースは比較的高価ですが、電車内でコロコロと転がってしまうこともありません。スーツケースが車内で転がる⇒人が躓く⇒転倒という可能性もありますから、ストッパーは必須と言えますね。

 

混雑した場所を移動しないなら2輪もあり

4輪をオススメする私ですが、2輪を完全に否定する訳ではありません。移動のほとんどが混雑を避けられる状況であれば2輪もありかな、と思っています。具体的には

・移動のほとんどはリムジンバスや車

・都内のターミナル駅など、極端に混雑した場所にはいかない

結局、2輪のデメリットは混雑した場所での事故リスクですから、そもそも人とぶつかる可能性のない移動であれば2輪のデメリットはなくなります。2輪は価格が少し安いことや坂道や車内に置いても転がらない安定感がありますね。

 

電車で移動をする人はストッパー付きの4輪を

2輪の良さは確かにありますが、旅においては事故を起こさないことがなによりも大切です。事故を起こさなくても、ぶつかりそうになったということで、トラブルが発生する可能性はあります。事故にならなくても思わずかっとしてしまう経験はあるはずです。

トラブルを避けるためにもスーツケースはストッパー付きの4輪を選択すべきだと思いますよ。大きな安心感を得られるはずです。