読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JALオンライン利用者向けクラスJ無料キャンペーンに違和感

f:id:krnkkt:20160304175309j:plain

先日、JALの法人向けシステムである「JALオンライン」利用者向けにクラスJ無料キャンペーンの延長が発表されました。

私自身もJALオンラインの利用者ですから、本キャンペーンには本当に助かっています。

 

割を食うのはお金を払ってでも乗りたい層

ただ、このキャンペーンで喜ぶのは会社のお金で飛行機を乗り回している法人客だけで、料金を支払ってでもクラスJを楽しみたい個人客の搭乗機会を奪っているような気がします。

極端な例ですが、記念日の旅行に飛行機を利用するならばクラスJは思い出作りに一役買えますね。少し身体が心配な祖父母への旅行のプレゼントにも使えます。そんな思いでクラスJを選ぶ個人客がいるはずなのに、会社のお金でクラスJを占拠する法人客が沢山いるのが現状です。

もちろん、私自身もクラスJを占拠する法人客の一人ですからあまり偉そうなことは言えませんが。

 

クラスJに搭乗したいJALファンもいる

一度は経営破綻したJALですが、徹底した合理化により業績は急回復しました。さらに業績を上げるため、利益を確保し易い法人客をターゲットにすることは企業戦略として十分理解できるものです。

ただ、金の切れ目は縁の切れ目というか、法人客は無料だからJALを選好しているのであって、JALが好きだからJALを選んでいる訳ではないと思います。現状、競合であるANAはクラスJシートに対応する席がありませんから、別に奪い合いになる訳ではありませんし、そろそろ無料キャンペーンを廃止してみてはいかがでしょうか。無料だから乗っているユーザーは多いですが、お金を払ってでも乗りたいユーザーも相当数いるはずです。

 

無料キャンペーンの実質無期限延長は、閉店セールを何年も続けるくらい違和感があります。クラスJ無料という安易な方法に頼らずとも選ばれるエアラインになって欲しいですね。