読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結構使える?国内線カードラウンジ

私は飛行機での移動が多いこともあり、搭乗前に落ち着いた時間を過ごせるラウンジを楽しみにしています。

このラウンジですが、大きく分けて2種類あります。
ひとつは航空会社が提供するラウンジ。もうひとつは、カードラウンジです。
それぞれの特徴を挙げるとすれば、
 
航空会社ラウンジ・・・自社の上級会員や上級クラスに搭乗する客のみ利用できる。ソフトドリンクやアルコールが無料で提供され、国際線では食事も無料で利用可能。保安検査場を越えたところにあるので、搭乗もスムーズ。どこの空港内のラウンジも、同じ航空会社が運営しているので、一定のサービスレベルが期待できる。サクララウンジやANA LOUGEと呼ばれているものはこのラウンジです。
 
カードラウンジ・・・ラウンジ使用料を払えば誰でも利用可能。ソフトドリンクは無料だか、アルコールは有料の場所が多い。羽田や成田を除き、保安検査場の手前にあるので、搭乗ギリギリまで休むことはできない。クレジットカードでも、ゴールドカードやプラチナカードを持っているとラウンジ使用料が無料になるところが多い。運営は各空港やラウンジ運営会社が行っているので、空港間でサービスレベルが異なる。
 
ざっとこんなものでしょうか。
 
このように考えると航空会社ラウンジは優れていてカードラウンジは悪いように思われますがそんなことはありません。
カードラウンジにも良いところがあり、場合によっては航空会社のラウンジよりも優れていると感じることがあります。

 

 

空いてる

f:id:krnkkt:20161009001909j:plain

意外かもしれませんが、カードラウンジは航空会社のラウンジよりも空いてることがあります。特に地方の空港で顕著です。私の経験からいって、地方空港のカードラウンジは羽田・成田を除いてあまり混雑していません。一方、地方空港の航空会社ラウンジ(サクララウンジやANAラウンジ)は、搭乗客数の割にラウンジが狭いこともあり、結構混雑しています。これではゆっくり休めませんね。満席だと、ラウンジの入室そのものが出来ません。
混雑していてはゆっくり休めませんから、「空いていること」は案外重要な要素です。
 

到着時も使えるところがある

これも意外と知られていないことですが、カードラウンジは到着時も使えるところが多いのです。到着便の半券とゴールドカードを提示することで、無料で入室できるシステムです。人によっては結構便利と感じるのではないでしょうか。私の場合、同僚と待ち合わせをする際に活用しています。仕事の都合で飛行機を利用することが多いのですが、JAL派とANA派に分かれます。なるべく近い時間を選ぶのですが、どうしても到着時間はズレてしまいます。そんな時はラウンジで待つことができます。
 

カードラウンジの一部を紹介

f:id:krnkkt:20151219113945j:plain

これは新千歳空港のカードラウンジ「スーパーラウンジ」。それなりに広く、荷物入れのロッカーがあります。到着時も使用できることはポイントが高いです。ソフトドリンクはトマトジュース、牛乳あり。

 

f:id:krnkkt:20150917153111j:plain

これは阿蘇熊本空港のカードラウンジ「ラウンジASO」。2015年3月にリニューアルしてかなりモダンになりました。

特筆すべきはアルコールの無料サービス。缶ビールは一本まで無料。熊本の焼酎(3種類)は飲み放題です。景色は良いわけではないですが、大きな窓があり開放性は抜群。対するJALのサクララウンジは窓なし、狭い、暗いの3コンボ。伊丹行きと羽田行きの便が重なるとサクララウンジは満席になることがしばしば。生ビールが飲み放題であること以外良いところがありません。

 

f:id:krnkkt:20151222091115j:plain

高松空港のカードラウンジ「ラウンジ讃岐」。ドリンク関連は少し貧弱です。高松空港には航空会社提供のラウンジはありませんので、ラウンジはここ一択です。

 
確かに、サクララウンジやANA LOUNGEといった航空会社が自社の上級会員にのみ提供しているラウンジは一部の客しか利用できないということもあり、特別な感じがするのも事実です。上級会員の囲い込みには必須の要素ですね。一方、増え続ける上級会員のため、時間帯によっては混雑していたり、到着時には使用できないといったデメリットがあるのも事実です。
 
カードラウンジはお金さえ払えば誰でも利用できる訳ですから、特別感という意味では劣ります。ですが、内容をみるとなかなか頑張っているところも多く、たとえ航空会社の上級会員でも積極的に使用してみたいと感じるカードラウンジがあるのも事実です。
 
航空会社提供のラウンジばかりが注目されますが、カードラウンジも十分魅力的です。その時々の状況でうまく使い分けていくのが良い戦略ですね。
 
【関連記事】