読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディズニーシーのJALラウンジ 利用時の規則変更があるようです

 

JALでは、FLY ONステイタスを持っている会員向けに、ディズニーシーで利用できるラウンジを提供しています。

 

このラウンジは事前予約が必要なものの、ブロードウェイ・ミュージックシアター「ビッグバンドビート」の鑑賞前に落ち着いた環境でドリンクを楽しめるラウンジです。私自身、過去に一度利用したことがありますが、疲れた体を休めたり、隠れ家的なラウンジでゆっくり出来たりと、とても特別な思い出となっているラウンジです。

 

もちろん、ラウンジを利用した後はビッグバンドビートを「予約席」で鑑賞することが出来ますから、本来必要な抽選も不要です。

 

このラウンジの利用ルールが2015年11月1日から変更になるようです。

 

 

どのような変更なのか

従来、3歳以下の子供は保護者のひざの上で鑑賞できましたが、11月1日以降は3歳以下の子供も1席分の申し込みが必要となるようです

 

このJAL提供のラウンジの利用には、最大5名という人数制限があります。3歳以下の子供であれば、今までは人数にカウントしなくてよかったものが、今後必要になるようです。カップルでの利用であれば影響はありませんが、家族連れ等は影響があるかもしれませんね。

 

念のため、ディズニーの公式ページで3歳以下の子供の利用について、ルールの変更がないか確認してみましたが、9月19日時点では、特に変更はないようです。つまり、JALラウンジを利用しない一般ゲストの場合は、3歳以下の子供であれば、今まで通り保護者のひざの上で鑑賞できるようです。

 

このルール変更ですが、どういったことが背景にあるのでしょうか。

 

当初、この変更はディズニー側の都合で、JALはそれに従ったものだと考えていました。しかしながら、11月1日以降も一般利用の場合は3歳以下はひざの上で鑑賞可能であることを考えると、ディズニーの都合というより、JALラウンジの都合と考える方がしっくりきます。

 

JALラウンジ自体はあまり広くありませんから、せいぜい数組しか同時に入ることは出来ません。もしかしたら、3歳以下の子供を大量に連れてくるご家族が結構いらっしゃり、ラウンジ内でスペース的な問題となっていたのかもしれません。あくまで想像ですので真相は不明ですが、なんにせよ、3歳以下の子供と一緒にJALラウンジを利用しようとしている方は注意が必要ですね。