JMBサファイア資格を取得しても、JAL CLUB ESTは継続する理由

f:id:krnkkt:20150809194637j:plain

 

私はJALカード(一般)のCLUB EST 会員ですが、先日、JMBサファイア資格を取得しました。

 

さて、サファイアを取得しましたので、CLUB ESTの解約を検討する必要が出てきました。というのも、CLUB EST で提供するサービスの多くがサファイア会員向けサービスと重複しているからです


【関連記事】

JAL CLUB ESTは、実際のところ、どのくらいお得なのか - ほんの少し楽しく生活するブログ

 

ざっと重複するサービスを挙げると、

 

CLUB ESTJMBサファイア
クラスJアップグレードクーポン10回分 JMBクリスタル取得時にクラスJアップグレードクーポン6回分獲得
国内線サクララウンジ利用(3回分)(同行者1名無料) 国内線/国際線サクララウンジ利用(回数制限無し)(同行者1名無料)
国際線ビジネスクラスチェックインカウンター利用可能 国際線ファーストクラスチェックインカウンター/国内線JGCカウンター利用可能
フライトマイル5%追加 フライトマイル105%追加

 

となります。クラスJアップグレードクーポンは必ずしもお得とは言えないこともありますので、全体としてはJMBサファイアの方が大きな特典を受けることができると言えますね。

【関連記事】

JAL CLUB EST で貰えるクラスJアップグレードクーポンは実際のところ、どの程度お得なのか - ほんの少し楽しく生活するブログ



一方、CLUB ESTのみの特典として、

・ショッピングマイルプレミアム参加

・100マイル単位で、e-JALポイントに変換可能

・マイル有効期限延長

 

の三つがあります。このうち、ショッピングマイルプレミアムが年会費に含まれていると考えると、残る二つのサービスの対価として、実質2.160円の年会費が妥当かどうかがポイントとなります。

まず、100マイル単位でのe-JALポイントへの交換ですが、上級会員になるくらい飛行機に搭乗していれば、あまり利用しない特典だと思われます。これは、特典航空券に必要なマイルを獲得できない人への救済措置だと考えるのが妥当です。


CLUB EST会員でなくても、マイルの交換は最低1000マイルから出来ますが、正直、魅力的な特典は少ないと感じています。1000マイルといえば、カード決済額で獲得しようとすると、100万円が必要です。


それに比べ、CLUB EST会員は100マイルから交換出来ますから、ハードルが大幅に下がりますね。


ただし、100マイル100e-JALポイントの交換レートですから還元率が良いとは言えません。10,000マイル単位で行えば、10,000マイル 15,000e-JALポイントの交換レートですから、やはり、マイル獲得が少ないユーザ向けの特典と言えます。

それではマイル有効期限延長はどうでしょうか。これは通常36ヶ月の有効期限が、60ヶ月に延長されるというものです。

これは大きな特典と言えます

仮にパリ行きエコノミー特典航空券を目指す場合、通常マイル55,000マイルです。5年で獲得しようするならば、一年間に11,000マイルの獲得が必要です。

JALカードで毎月10万円の決済したと仮定した場合、年間獲得マイル数は12,000マイルとなります。

36ヶ月だと、36,000マイルしかたまりませんが、60ヶ月ですと、72,000マイルも貯めることができます。

36,000マイルだとシンガポールやバンコクといったアジア地域までの特典航空券にしか交換できませんが、72,000マイルあれば、ヨーロッパ行きプレミアムエコノミー席の特典航空券に交換することが出来ます。さらに曜日限定の特典航空券をうまく使えば、ハワイ行きビジネスクラス特典航空券を手に入れることができます

【参考リンク】

JALマイレージバンク - JAL国際線特典航空券 マイル早見表

 

もちろん、毎年JMBサファイア資格を継続出来る人にとっては、マイルアップボーナス105%と相まって、5年で相当のマイルを獲得することができます。

CLUB ESTの真の価値はマイル有効期限の延長にありそうですね。

さて、私はどうするのかというと、しばらくはCLUB EST 継続だと思います。というのも、やはりマイル有効期限の延長は強力だからです仮にマイル有効期限が廃止されるJGCプレミア会員が視野に入ってきた場合は、CLUB ESTを退会してJGC会員になるつもりですが、しばらくはCLUB EST継続でいこうと思います。